リファインプロジェクト

2020.03.16

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

インテリアの作業の為、Upholsteryショップへと入庫中の’78 Bronco Rangerです。

今週はインストルメントパネルのリペア作業が行われました。こちらはリペア前です。

所々、ウッドグレインが剥がれ、クロームメッキの縁取りも剥げてしまっています。

こちらはパッセンジャーズサイドです。こちらもドライバーズサイド同様に損傷が目立ちます。

そしてこちらは、ドライバーズサイド、リペア後です。ウッドグレインも貼り替えられ、縁取りもリクロームされました。綺麗な仕上がりです。

パッセンジャーズサイドも同様に綺麗な仕上がりです。ドアパネル、リアクウォーターパネルのリペアではウッドグレインを再生することが出来ず、妥協を強いられましたが、インストルメントパネルは満足のいく仕上がりを実現することが出来ました。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月17日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2020.03.09

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

インテリアの作業の為、Upholsteryショップへと入庫中の’78 Bronco Rangerです。

今週はリアクウォーターパネルに続き、フロントドアパネルの製作が行われていました。こちらがベースとなるOEM製のドアパネル、Newパーツです。

リアクウォーターパネル同様、縦方向のステッチが入れられたマテリアルをドアパネルに貼り付けました。こちらはドライバーズサイドです。

そしてこちらはパッセンジャーサイドです。

次にドアパネル裏側に、ドアパネルの形に切り取られたインシュレーターが貼り付けられました。インシュレーターをインストールすることで、音漏れ防止や振動の軽減といった効果を期待することが出来ます。

そして貼り付けたマテリアルの上に重りを載せ、しっかりと接着させます。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月10日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2020.03.02

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

インテリアの作業の為、Upholsteryショップへと入庫中の’78 Bronco Rangerです。

切り出されたボードにビニールマテリアルが貼られ、取り付けられたリアクウォーターパネルです。

この年式のクウォーターパネルはリプロパーツが存在せず、オリジナルのRangerトリムの再現は叶いませんでしたが、オリジナルと同様に縦ステッチのマテリアルを貼り付けることで少しでもオリジナルテイストを再現することを試みました。

オリジナルトリムのようにプラスチックパーツを接合し、ウッド調の柄を追加したいところでしたが、パーツが無く断念しました。今後、ビッグブロンコの人気の高まりと共に、リプロパーツが発売されることを願うばかりです。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月3日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2020.02.24

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
引き続き、インテリアのリファイン作業の為、Upholsteryショップへと入庫中の’78 Bronco Rangerです。

今週はリアクウォーターパネルのリメイク作業が行われていました。まずはオリジナルのパネルが外されました。

こちらが取り外されたリアクウォーターパネルです。

テールゲート側の端部が荷物の出し入れによって激しく損傷しています。アウターマテリアルは当然ながら、ボードまでダメージが及んでいました。

’78~’79年式のビッグブロンコはアーリーモデルほどリプロパーツが揃っていません。RangerトリムどころかリアクウォーターパネルのNewパーツ自体が存在しません。仕方なく、ボードは型を取り一から製作することになりました。

オリジナルパネルの損傷が激しかったため、Rangerトリムの再生も諦めざるを得ませんでした。

そして製作したボードを仮付けして合わせていきます。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆2月25日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2020.02.17

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
インテリアのリファイン作業の為、Upholsteryショップへと入庫中の’78 Bronco Rangerです。

まずは古いヘッドライナーが剥がされ、


新しいヘッドライナーへと張り替えられました。色もダークブルー系で統一されました。

次にドアパネルが外され、

遮音材が貼られていきます。

こちらはオリジナルのドアパネル、ドライバーサイドです。液体をこぼしたのでしょうか、パネルの一部が変色してしまっています。

こちらはパッセンジャーサイドのドアパネル、オリジナル品です。全体的に汚れと変色が目立ち、マテリアル部分も損傷が見られることから、今回はOEM品のNewパーツを使用することになりました。

こちらがNewドアパネル。これをベースにビニールマテリアルを貼り付けていきます。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆2月18日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2020.02.10

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
エクステリアの作業を終えた、’78 Bronco Ranger、ボディ廻りの作業の後、マフラーショップに入庫し、エキゾーストラインの引き直し作業が行われていました。

マフラーはパッセンジャーサイド1本出し、当店では定番のストックスタイルです。

何も考えていないと思われがちなストックスタイルですが、エンドパイプの材質や径、角度などこだわりが詰まっています。

今回はサイレンサーもワンオフ品を製作してもらいました。こちらも当店では定番のReduced Noiseタイプです。

エキゾーストマニホールドの先からマフラーエンドまで、ワンオフで製作してもらいました。美しい仕上がりです。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆2月11日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2020.02.03

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
ボディショップでのすべての作業を終えた’78 Bronco Ranger XLTが戻って来ました。

エクステリアペイント及び、グリルやバンパー、モールディングなどすべてのクローム類がリニューアルされました。

光輝くNewグリルを装着したことで、顔付がシャキッと引き締まりました。


ハードトップはクリーニングされた後、ペイントされたボディへと再び載せられました。

テールゲートもすべてのデントがリペアされ真っ直ぐな仕上がりを実現しています。

エクステリアパーツの大部分がNewパーツに交換され、モールディングなどはリクローム加工によって再生された’78 Bronco Ranger、ここまで手間暇かけたかいあって、期待を上回る出来栄えを実現しています。この後。Upholstery Shopに空きが出次第、インテリアの作業に取り掛かる予定となっています。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆2月4日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2020.01.27

本日は少し間が空いてしまいましたが、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

Newペイントの乾燥期間を経て、クロームパーツや各種レンズ類のインストール作業が行われた、’78 Bronco Rangerです。

グリル、フロントバンパーはNewパーツ、バンパーガードパッドやバンパーモールディングなどのプラスチックパーツはオリジナルパーツを再生して使用しています。

ボディサイドモールディングは専門業者に依頼してオリジナルパーツにリクローム加工を施しました。ドアミラーもNewパーツへと交換されています。

全てのクローム類がNewパーツまたはリクロームパーツによって輝きを放っています。綺麗な仕上がりです。

リアバンパーもオリジナル品はダメージが見受けられたため、Newバンパーへと交換されました。

テールゲート内側も綺麗にペイントされています。

フード内側もリペイントされました。

Newウェザーストリップを装着し、ウィンドシールドも再びインストールされました。そしてリクロームされたウィンドシールドモールディングが取り付けられました。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLT のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆1月28日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2019.11.28

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
エクステリアペイントが施され、ペイントブースから出た’78 Bronco Rangerです。

Bright Dark Blue PolyとWimbledon Whiteのツートンカラーに綺麗に塗り分けられました。

テールゲートも板金され真っ直ぐな状態で綺麗な仕上がりです。

塗分けられた部分に先日リクロームされたボディモールディングが取り付けられることになります。

パッセンジャーズサイドもドライバーズサイド同様、綺麗な仕上がりです。

ペイントを終えたことでボディショップでの作業もいよいよ大詰めとなりました。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆11月29日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2018 BMW M2 Coupe
ぜひお越しください♬♪

2019.11.21

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

ボディペイントに向けて準備を進めている’78 Bronco Ranger、ドアパネルの内張を剥がしオリジナルカラーの確認を行います。

パッセンジャーサイドドア端部のダメージ部分は綺麗にリペアされました。


ドア内側のミッドナイトブルーのオリジナルペイントが残る部分と今回、使用する塗料を比較し色合せを行っていきます。


こちらはウィンブルドンホワイトです。確認の結果、若干の調合でオリジナルカラーに合わせることが出来そうです。

リア廻り、テールゲート内側のエリアでも同様に色合せを行いました。


テールゲート内側のダメージ部分はリペア作業を行った後、リペイントすることになります。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆11月22日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2018 BMW M2 Coupe
ぜひお越しください♬♪

12345...1020...
PAGE TOP