車両紹介

2019.10.06
テーマ:車両紹介

昨日に引き続き当店のストック車両である、1986 GMC Jimmyをご紹介します。
今回はインテリアを中心にご紹介します。

インテリアも、エクステリアに負けず1オーナーカーならではの素晴らしいコンディションが残されていました。それ故大きく手を入れることなくダメージを受けていた箇所のリファインを行いました。
この当時の4×4といえば、細身大径のステアリングホイールが主流でした。一見大きすぎるようなイメージを持つ方もいるようですが、大柄なボディを操るにはこのくらいのサイズが丁度良く、クィック過ぎずダル過ぎずの滑らかなステアリング操作を可能にしてくれます。ホーンパッドにはGMCのロゴが入ります。

シンプルなデザイン、そして配列のメーター類は視認性がとても良いです。全てのゲージがドライバーの視線に入りやすいレイアウトになっています。

インテリアはグレー基調のコーディネイトがされています。シートスキンはオリジナルオーナーによってニュースキンへと張り替えられており、とてもクリーンなコンディションを保っています。フロントのバケットシートは懐が深く、高いホールド性も併せ持ちます。そして、リアシートは厚いクッションを持ったソファのようなすわり心地で、ロングドライブも快適にこなすことができます。

センターコンソールはカップホルダー部のリファインを行い、とても綺麗な状態に戻すことができました。

サンバイザー、そして裏に貼られているインフォメーションデカールも綺麗な状態が残されています。1オーナーカー故のコンディションと言えますね。

カーゴルームは5人乗り状態でも広大ですが、リアシートを収納すればさらなる容量アップが可能です。フルサイズボディとはいえ、サイズ感に慣れてしまえば都内でも取り回しにさほど苦労することなく乗りこなせてしまうJimmyですから、買い物やレジャーの脚としてもカーゴルームの活躍間違いなしの1台ですね。

このJimmyは、1オーナーカーならではの良質なコンディションを活かし、エクステリア&インテリアのリファインを行い輸入しています。ぜひ、このコンディションをご自身の目でお確かめいただければと思います。
Jimmyの詳細は、Garage弦巻Bronco Ranchのホームページでもご覧いただけます。
(↑ショップ名をクリックしていただくと、Jimmyのページに飛びます)
また、リファイン作業の模様はGarage弦巻のホームページ内のレストレーションメニュー(←クリック)からご覧いただけます。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆10月7日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2019.10.05
テーマ:車両紹介

本日は当店のストック車両である、1986 GMC Jimmyをご紹介します。

今回はエクステリアを中心にご紹介します。
こちらが1986 GMC Jimmy、カリフォルニアよりやって来た1オーナーカーです。キャブレター最終年式となるこのJimmy、インジェクションとはひと味違ったキャブレター仕様ならではのフルサイズアメリカンの乗り味を楽しんでいただけます。エンジンは350cid V8、組み合わされるミッションは4速A/Tとなっています。ボディはオリジナルのカラースキームの通り、深みのあるオニキスブラック&グレイの2トーン仕様にリペイント。とてもいい落ち着いた雰囲気の仕上がりとなりました。足元は6JのスチールホイールにGMCのロゴが入ったハブキャップを装着。フルサイズボディに細身大径のタイヤが渋い1台です。

角目縦2灯のヘッドライトが車幅一杯に配された持つ厳ついフロントマスクがフルサイズボディのサイズ感を強調していますね。当然ですが、Chevyブランドとは違うデザインのグリルが与えられ、中央には”GMC”のロゴが備わります。この年代のK-5はソコソコ目にする機会はあれど、Jimmyはなかなか珍しい存在です。

フロントフェンダーにはJimmyのエンブレム…

そしてリアフェンダーにはグレードを表すSerra Classicのエンブレム。チョピリ崩した配列が可愛らしさも感じさせます。

テールゲートにはフロントグリル同様GMCのエンブレムが備わっています。

このJimmyは、1オーナーカーならではの良質なコンディションを活かし、エクステリア&インテリアのリファインを行い輸入しています。ぜひ、このコンディションをご自身の目でお確かめいただければと思います。
Jimmyの詳細は、Garage弦巻Bronco Ranchのホームページでもご覧いただけます。
(↑ショップ名をクリックしていただくと、Jimmyのページに飛びます)
また、リファイン作業の模様はGarage弦巻のホームページ内のレストレーションメニューからご覧いただけます。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆10月7日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2019.09.20
テーマ:車両紹介

1975 Bronco Rangerにお乗りのE様が、素敵なオープンカーに乗ってご来店されました。

TRIUMPH TR-4の真っ赤なオープンカーで颯爽と登場されました。ボディペイントは塗り直されているものの、フルオリジナルのスタイルを保っています。

整然とレイアウトされたメーター類がレイアウトされているインパネ。Broncoとはまたひと味違ったクラシカルな雰囲気が漂っています。

吹け上がりの軽いL4エンジンはツインキャブレターを装備。シンプルなエアクリーナーで吸気音もなかなか豪快です。

そしてなにより、貴重な一桁”5″ナンバーというのが大きな特徴のひとつです。ぜひともこの状態を長く維持していただきたいですね。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆9月21日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2017 Mercedes-Benz G350d
ぜひお越しください♬♪

2018.02.26
テーマ:車両紹介


先日行われたLA近郊でのリトルリーグオープニングデイでの一コマ。昨年からデリバリーが始まっているFord GTがパレードを取り仕切るポリスカーのサポート車両として参加していました。


まだそれほど出回っていないクルマということもあって人々の注目を集めていました。



会場ではExplorerのポリス仕様、Interceptorの傍らに停められ花を添えていました。


この日は地元ポリスが普段は取締に使うスピードガンで子供たちの球速を計測するイベントを催していました。思わず苦笑いしてしまうアメリカらしいイベントでした。


Liquid Blueのエクステリアペイントが眩しいFord GTですが、1000台の予定で限定生産されるそう。


お値段は45万ドルからとのこと。ディテールはまるでレーシングカーのような完成度で全くフォードらしからぬ1台ですが、チャンスがあればGarage弦巻でも輸入してみたいものです。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆2月27日の展示車両☆

1972 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.09.17
テーマ:車両紹介

先日整備でお預かりしたこのクルマ…



1979 Ferrari 308 GTB。フルオリジナルの状態を保っています。スーパーカー世代には、一番Ferrariらしいボディシェイプを感じさせる1台ではないでしょうか。Garage弦巻にはあまりというか全く馴染のないFerrariですが…


Broncoとは”馬”繋がりでもあります。このエンブレムはひと目みてFerrariのソレとわかりますよね。Ferrariと書いてもありますが…。ちなみにエンブレム内の馬、Ferrariは前足、Broncoは後ろ足を跳ね上げています。


エンジンは3リッターのV型8気筒のキャブレター仕様。4機キャブレターを搭載しています。メンテナンスも行き届いていて、クリーンなエンジンルームです。


スポーツカーらしい機能美を追求したインストルメントパネル。


センターコンソールに整然と配置されたスイッチ類。メカメカしいカッコよさと美しさを感じさせますね。シフトゲートからニョキッと生えた長めのスティックもFerrariらしいアイテムのひとつです。
昨今街中で見かけるFerrariとは全く違った雰囲気を放っている古き良き時代のFerrari。間近で308 GTBを見られたのはとてもいい経験、そして幸せな時間が過ごせました。カウンタックやミウラなどといったクルマ達に夢中になっていた時を思い出しました。ありがとうございます!
久しぶりにスーパーカーカードなど引っ張り出してみようかな。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆9月18日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.09.04
テーマ:車両紹介



先日納車された2017 F-250 Super Dutyを連れ出しオレンジカウンティへとやって来ました。


目的地はこちら、キャンパーシェルショップです。F-150 Raptorと同様、利便性向上を図るため、キャンパーシェルを装着することにしたのです。


そして待つこと数時間、無事にキャンパーシェルが装着されました。


今回選択したのはSNUGTOP社製SUPERSPORTというモデル。ボディ同色のペイントも違和感なく納まりも完璧です。


こちらは装着前。


トラックとしてのスタイリングはやはりシェル無しの方がスタイリッシュなのですが、長距離を走っての出張時など荷物を多く積み込むことを考えるとキャンパーシェルはどうしても必要なアイテムなのです。


ただでさえ巨大なF-250ですが、キャンパーシェルを装着するとさらに大きく見えます。


ベッドライナーも装着し臨戦態勢が整いました。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆9月5日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.08.31
テーマ:車両紹介



先日納車されたばかりの、2017 F-250 Super Duty Lariatと弊社所有の2013 F-150 SVT Raptorの大きさを比較する為、並べて置いてみました。


まずは全幅、カタログ上はF-250が80.0インチ(ミラー含む)、Raptorが79.2インチ(ミラー含む)と大差ありませんが、実際はオーバーフェンダーを装着したRaptorの方が大きく見えます。ドアミラーのサイズがF-250の方が圧倒的に大きいので、実際の幅はRaptorの方が大きいですね。


そしてリアを合わせて全長を比較します。


カタログ上の数値はF-250が250インチ、Raptorが232インチと18インチ程、F-250の方が長いのですが、実際に並べてみるとその通りの結果でした。


実際に運転してみると、F-250の方が全長は長いのですが、幅が狭いこともあり、それほど大きさに対するストレスは感じませんでした。ホイールベースが長いこととタイヤの違いから乗り心地は断然F-250が上。2台を比較することで、Raptorはあくまでもオフロード性能を追求したスポーツトラックという立ち位置であることを改めて知ることが出来ました。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆9月1日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.08.28
テーマ:車両紹介

かねてからオーダーを入れておいたF-250 Super Dutyが納車されました。


こちらがこの度、納車された2017 F-250 Super Duty 4×4です。


最近の流行でしょうか、ピックアップトラックのフロントフェイスはどんどん厳つくなってきていますね。


クルーキャブに6-3/4サイズのスタイルサイドボックスの組み合わせ。結果、ホイールベースは160″ とかなりの巨体です。


エクステリアカラーはBlue JeansとCaribouのTwo-Tone仕様を選択。狙い通り、上品な佇まいです。


このトラック、ディーラーに到着してから1週間ほど止め置かれていたのですが、その間に4~5人ほどのシリアスバイヤーが現れたとのこと。選択したカラーリングの評価が良かったということでしょう。


四駆屋ということで、FX4オフロードPKGを選択しました。このオプションはマストですね。


タイヤ&ホイールは18インチのPainted Bright Cast Aluminumホイールに275/70R18サイズのALL TERRAINタイヤを選択。これも拘って選択したアイテムの内の一つです。


そして極め付けはこちらのQUAD BEAM LED HEADLAMPSです。これも敢えて選択しました。どうせなら不細工なフェイスをより際立たせるという意図からです。


テールランプもLEDライトがふんだんに使われています。


インテリアはCAMEL LEATHER仕様を選択。装備も充実しており、高級感が溢れ出ています。


弊社LA倉庫に到着したF-250、マイレージはたったの14.4マイル。100~300マイル程度のデリバリーマイルが付くのが一般的な中、オーダーしたクルマということもあって真っ新な新車の状態での納車が実現しました。これから我々のトーイングマシーンとして活躍してくれることでしょう。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月29日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.08.24
テーマ:車両紹介


今年もカリフォルニアで保有する2台のブロンコの登録更新の時期がやって来ました。


まずはこちら、1974 Bronco Ranger “Sandpiper Yellow” です。



“2017” のシールの上に”2018″ のシールを貼り付けて、完了です。1974年の登録から43年目、年輪のようにシールが積み上がっていきます。


そしてこちらは、1969 Bronco “Boxwood Green” です。


こちらも”2018″ のシールを貼り付けました。新規登録から48年、歴史を感じます。

Web上で更新料を支払い、送られてきたシールを貼るだけのカリフォルニア州のVehicle Registration Renewalシステム、日本の車検と比較するとかなり合理的です。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月25日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.08.15
テーマ:車両紹介

本日は、Refine Projectが完了した1974 Bronco Ranger Samoa Lime(SL)号をご紹介します。




オクラホマからLA、そして横浜への長旅を終えて弦巻に到着したSL号、他車の納車整備が重なっていたこともあり、到着から約半年かかりましたが、我々も満足のいく内容に仕上げることができました。Samoa Limeのオリジナルペイントそしてレンジャーラインの残る貴重な個体をベースにしています。



エンジンフードやボディサイドに入るレンジャーライン。とてもいい状態を保っています。ヤレ具合もいい感じです。


ワンオーナーBroncoならではのコンディションは、インテリアにも残されていました。オリジナルのステアリングホイールに、貴重なハーフムーンも装備されています。



奇跡的にとても綺麗な状態で残されていたシートは、シートフォームのみ交換を行い、コンモリとした張りを取り戻しました。


インストルメントパネルに備わるスイッチ類やグローブボックスのRangerバッジは新車当時からのオリジナルアイテムです。


カーペットは極力オリジナルの色味や素材に近いものを選び出し張り替えました。こだわりの仕上がりです。


カーゴルームやテールゲートのカーペットもご覧の通り新車時のコンディションを取り戻しています。



しっかりとメンテナンスが行われてきた形跡のあった302cid V8エンジンは、当店にてオーバーホールを行いました。より安定感のある、スムースに吹け上がるエンジンに仕上がっています。フォードブルーにリペイントの後、Broncoへと戻しています。




Broncoを仕上げる際に、一番手間と時間を費やすのが下まわりです。アクスルハウジングはもちろん、ミッション&トランスファや燃料タンクなど外せるパーツを全て取り外し仕上げています。結果、この艶やかな下まわりに仕上げることができました。


Early Broncoの中で最も新しい1977yモデルでもラインオフから40年が経つ今、ここまでオリジナルコンディションを残した個体を手にできるのはかなり奇跡的なことといえます。この個体はすでにSold Outとなっていますが、当店では今後もこのようなコンディションのBroncoを1台でも多く手に入れていきたいと思っております。
Bronco Ranch & Garage弦巻のHP内Inventoryには他の写真もアップしてありますので、そちらもぜひご覧ください。


夏季休暇のお知らせ
Bronco Ranch及びGarage弦巻は8月11日(金)から8月16日(水)までを夏季休暇とさせていただきます。楽天ショップも同様に8月11日(金)から8月16日(水)までを夏季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは8月17日(木)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月17日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
1972 GMC K-10
ぜひお越しください♬♪

12345...10...
PAGE TOP